労災,労働問題

logo

仕事中のケガにより勤務できなくなり、休業せざるを得なくなったときは、労災保険から給与の60%が休業補償給付として支給されることとなります。

他方で、負傷や疾病などで働けない場合に、病気休暇制度などにより、会社から給与の一部 ...

労災

logo

外回りの営業社員が、会社の営業車両で得意先に向かう途中、後続車に追突され負傷した場合には、加害者である後続車の運転手に対して損害賠償請求できるとともに、業務上の災害として労災の給付の対象となります。
この場合に、交通事故の加害 ...

労災

logo

職場内において同僚などからのいじめや嫌がらせにより、うつ病などを発症した場合に、労災として認められるのでしょうか。

パワーハラスメントの定義では「優越的な地位」つまり、例えば上司から部下に対する言動を対象としたものが想定さ ...

労災

logo

職場の上司の「パワハラ」により、うつ病を発症した場合やうつ病を発症したのちに自殺した場合に、労災として認められるのでしょうか。

2020年5月末、厚労省は「精神障害に関する労災認定の基準」を改定し、新たに「パワハラ」の項目 ...

労災,労働問題

logo

行政機関が保有する個人情報については、個人情報保護法により、行政機関に対して、保有個人情報の開示請求を行うことができます。
この場合に、行政機関は、法律に基づく非開示情報に該当しない限り、保有している個人情報を開示する必要があ ...

労災,労働問題

logo

仕事中のケガや病気に伴う後遺障害により、将来にわたって自宅で介護を要する状態となる場合があります。

このような場合に、労災保険から将来の介護に必要な付添介護人の費用などは受給できるのでしょうか。

まず、業務や通 ...

労災,労働問題

logo

仕事中にケガなどをして労災が認められた場合に、医療機関への通院費は支給されるのでしょうか。

まず、労災保険では、医療機関への通院費は、労働者の方の居住地又は勤務地から、原則として、片道2㎞を超える通院であって、以下の1~3 ...

労働問題

logo

病気やけがで会社を休んだ場合には、有給休暇を消化すると、多くの会社では給料がもらえなくなります。

このような場合に、健康保険では、被保険者とその扶養家族の生活を保障するために扶養家族の生活を保障するために傷病手当金という制 ...

労働問題

logo

何らかの理由で会社を退職した場合に、新しい仕事を見つけるまでの収入として頼りにしたいのが、失業保険です。

失業保険の支給を受けるためには、以下の2つの要件を満たす必要があります。
1つ目は、離職の日以前の2年間に、 ...

労働問題

logo

従業員が、時間外労働をしても、会社から残業代が支払われていないケースがあります。
その場合に、従業員は、過去の未払の残業代を請求できるのでしょうか。

時間外労働をした場合、従業員は、会社に対して残業代を請求する権利 ...