交通事故

logo

交通事故で、被害に遭った場合に支払われる損害賠償は、全額一時払いが原則とされています。

そのため、交通事故による後遺障害に伴う逸失利益については、将来における得べかりし収入額を、中間利息控除をして現在価値に引き直した金額に ...

交通事故

logo

交通事故の場合に、加害者である相手方の自動車が自賠責保険や任意保険に加入していないケースがあります。

では、このような場合の対応方法についてケースに分けて説明したいと思います。

1 加害者が自賠責保険に加入して ...

交通事故

logo

 ある日突然、誰もが交通事故に遭って傷害を負うなど、交通事故の被害者になる可能性があります。今回は、もしも、あなたが交通事故の被害者になってしまったら、後日のトラブルを避けるために、どのように対応すればいいのか、また被害を十分に回復す ...

交通事故

logo

交通事故で被害を受けた結果,むち打ち等の傷害を負い,怪我が治るまで仕事ができなかったという場合,その間の給料分はどのように補償されるのでしょうか。

交通事故に遭い,相手方に対して,治療費や慰謝料,損害賠償を請求する場合,通 ...

交通事故

logo

交通事故により頭部や頚部を受傷した場合に、耳鳴りや難聴などの症状が出ることがあります。

例えば、頸椎捻挫、いわゆるむち打ち損傷の約7%で耳鳴りや難聴が発症すると言われています。

ただ、被害者の方は、交通事故直後 ...

交通事故

logo

無償同乗(好意同乗)とは、友人や上司・部下、恋人など、緊密な関係にある人の運転する自動車に同乗中に運転者の過失によって事故にあった場合、その同乗者への賠償額が、無償同乗(好意同乗)であるが故に減額されるかという問題です。

...

交通事故

logo

交通事故に遭った場合、自営業者の休業損害はどのように算定されるのでしょうか。
今回はこの問題について考えてみたいと思います。

まず、原則として、自営業者の休業損害は、現実の収入減があった場合に認められます。

交通事故

logo

交通事故に遭い、車両が損傷を受けた場合、当然のことですが、車両の修理費は賠償の範囲に含まれます。

では、修理期間又は買換期間中、レンタカーの使用等により代車を使用した場合、代車使用料は損害として認められるでしょうか。

交通事故

logo

交通事故の治療により会社の欠勤が長引いた場合、翌年度の有給休暇が減らされることがあります。
具体的にいいますと、労働基準法39条1項は全労働日の8割の出勤率を維持した労働者に対して有給休暇を与えることを義務としています。

交通事故

logo

異時事故とは,別の日時に発生した事故のことをいいます。

 

例えば,Aが,5月1日に車を運転していて,脇道から飛び出してきたB車に衝突されました。(第1事故)。

その1カ月後,Aが車で信号 ...