労災に関する弁護士費用

当事務所では、労働災害に遭われた方の負担にならないよう、初回相談(1時間程度)は無料としています。

事件として依頼いただいた場合は、基本的には「着手金」は無料、事件終了後の「報酬金」も原則として、労災補償給付や加害者ないし会社から獲得した賠償額から精算しますので、依頼者のご負担は0円となります。

また、事件として依頼を受ける前には、見積書を提示して納得していただいてから、受任することとしていますので、安心して依頼していただけます。

労災事件に関する相談費用

初回相談無料(1時間以内)
以降の相談5500円 [税込](30分あたり)
〔法律相談〕

※遠方の方は、ZOOMを使用したオンライン相談も可能です。

障害(補償)給付請求サポート

着手金無料(事案に応じて、有料の場合あり)
報酬金基本額は、以下のとおり(受任前に見積書を提示します。)
【後遺障害1級から7級
(年金の場合)
年金の3年分と年金以外の受給額(特別支給等)の11%(税込
【後遺障害8級から14級
(一時金の場合)】
受給額の11%(税込)
但し、最低報酬額11万円(税込)

会社への損害賠償請求

※労災で後遺障害が認定されている場合に限り、それ以外は通常の民事事件の額を基準とします。

着手金無料(事案に応じて、有料の場合あり)
報酬金基本額は、以下のとおり(受任前に見積書を提示します)
【交渉で解決の場合】経済的利益の17.6%(税込
【訴訟(労働審判などを含む)で解決の場合】経済的利益の20~22%(税込)

お問い合わせフォーム