相続

logo

相続において、生前に被相続人の財産を管理していた相続人がその財産を私的に使い込んでいたことが問題となるケースがあります。

例えば、施設に入所していた父親が死亡し、長男と次男が相続人。
長男が父親の預貯金を管理してい ...

相続

logo

今回は、相続で問題となることの多い「特別受益」について具体例を挙げて考えてみたいと思います。

「特別受益」とは,相続人が被相続人から受け取った特別な利益のことです。

被相続人の生前,一部の相続人だけが被相続人か ...

相続

logo

相続人の一人が、被相続人から大学などの進学に要する学費の援助を受けていた場合に、これらの費用は特別受益に該当するでしょうか。

この点、まず、特別受益において、学費として問題になるのは、主に高等学校卒業後の大学等の費用や留学 ...

相続

logo

特定の相続人が被相続人から受けている「特別受益」がある場合は、相続人間の公平の観点から,被相続人死亡時の遺産に特別受益分を加算したものを,相続財産とみなすこと(「特別受益の持戻し」)となります。

ただ,特別受益については, ...

相続

logo

被相続人の生前,被相続人から特定の相続人に対して,婚姻や養子縁組のため,若しくは生計の資本として贈与がなされたり,あるいは,遺言で贈与がなされることがあります。

このような,特定の相続人が被相続人から受けている利益を,「特 ...

相続

logo

相続人の中には,被相続人とともに農業や商店の経営などの事業に従事したり,被相続人に資金援助をしたり,被相続人の療養看護に努めたりして,被相続人の財産の維持又は増加に特別の貢献をした者がいることがあります。

たとえば、長男が ...

相続,遺言

logo

相続人による遺産分割協議が終わってから,被相続人の遺品を整理していたところ,自筆の遺言書が見つかりました。
この場合にはどうすればいいでしょうか?

民法は,遺言書の保管者や遺言書を発見した相続人は,相続開始を知った ...

相続

logo

今回は、民法1048条の遺留分侵害請求権の期間の制限について説明したいと思います。、

民法の改正によって、2019年7月から遺留分の制度にも変更がありましたが、この期間制限については大きな変更はありませんでした。

相続

logo

寄与分とは、財産を残して亡くなった被相続人の生存中に、ある相続人が被相続人の財産の維持や増加に貢献した場合に、その相続人に特別な処遇をする制度です。

被相続人の財産について貢献した相続人に特別な処遇をすることで、他の相続人 ...

相続

logo

親族が亡くなり、その財産を相続した場合には、相続額が一定額を超えると相続税を支払う必要が生じます。

この点、相続に関しては、法定相続人の数に応じて、基礎控除額が定められており、この基礎控除額を超えなければ、相続税の申告は不 ...