刑事弁護事件(事案が簡明な事件の場合)の弁護士費用について

刑事弁護事件にかかる弁護士に払う報酬について掲載していますので ご参考になさってください。

着手金

原則として20万円以上40万円以下

報酬金

刑事事件に関する弁護士費用は下記のとおりです。

起訴前の場合

不起訴
求略式命令
原則として
20万円以上
50万円以下

起訴後の場合

無罪、刑の執行猶予、 求刑より減刑、 検察官上訴棄却
原則として
20万円以上
50万円以下
※事案が複雑なものや裁判員裁判事件などは、協議の上で決定することとなります。