離婚,法律と暮らし

logo

内縁関係など、内縁関係など、法律上の結婚をしていない男女の間、つまり未婚の母から生まれた子どもの場合、たとえ、血のつながりがあったとしても、生まれた時点では実の父とは他人であって、子どもには法律上は父親がいない状態です。

...

離婚,法律と暮らし

logo

法律上、結婚している夫婦の間に子どもが生まれた場合、その子どもは夫の子どもであると推定されます。これを「嫡出推定」といいます(民法772条)。

他方で、内縁関係など、法律上の結婚をしていない男女の間、つまり未婚の母から生ま ...

法律と暮らし

logo

養子縁組とは、一般的には、血のつながりのない者同士を法的に親子と認める制度のことです。
養子縁組が成立すると、成立日から、血のつながった親子と同様の親子関係が法的に認められます(民法727条)。

養子縁組には、「普 ...

法律と暮らし

logo

市販のCDを店舗でBGMとして流す場合に、著作権法上、問題はあるのでしょうか。

CDや音楽配信など市販されている音源には、著作権法上、➀作詞者・作曲者などの著作権、➁アーティスト(実演家)の著作隣接権、➂レコード製作者の著 ...

法律と暮らし

logo

新型コロナウイルスのまん延が続いており、緊急事態宣言が再延長される見通しとなっています。

こうした中で、新型コロナが収束したと言えるのはどのような状況になったときでしょうか。
新型インフルエンザ等対策特別措置法(特 ...

法律と暮らし

logo

皆さんは,不動産に関して,「事故物件」という言葉を聞いたことはありますでしょうか。

「これが事故物件です」というような法的に明確な定義はありませんが,一般的には,孤独死はじめ,事故死,殺人事件,自殺などによって『人が死亡』 ...

法律と暮らし

logo

次の文章は、私のロースクール時代の元裁判官の教員が、裁判官時代に机の上にずっと置いて、いつも見て自らの心に刻み込んでいたという我妻栄氏の言葉です。
今回は、この言葉を紹介したいと思います。

「裁判をすることは、裁判 ...

法律と暮らし

logo

マンションなどの建物の賃借人が、家賃を滞納したまま行方不明になった場合に、どのように対応するのが良いのでしょうか。

前回、行方不明の賃借人との賃貸借契約を解除について説明しました。
今回は、建物内に残っている動産の ...

法律と暮らし

logo

マンションなどの建物の賃借人が、家賃を滞納したまま行方不明になった場合に、どのように対応するのが良いのでしょうか。

このような場合、まずは、行方不明の賃借人との賃貸借契約を解除する必要があります。
ただ、解除の意思 ...

法律と暮らし

logo

配偶者からドメスティックバイオレンス(DV)を受け、別居している妻や子どもらが夫の死後、別居を理由に遺族年金を受け取れない事例が各地であり、厚生労働省が支給を認めるよう促す指示を日本年金機構に出すことになったという報道がありました。