裁判とは~元裁判官からいただいた言葉~

次の文章は、私のロースクール時代の元裁判官の教員が、裁判官時代に机の上にずっと置いて、いつも見て自らの心に刻み込んでいたという我妻栄氏の言葉です。
今回は、この言葉を紹介したいと思います。

「裁判をすることは、裁判官の全人格的創造の作用である。一面においては、法律の精神の技術についての正しい知識を持ち、他面においては、人世に対する深い洞察と温かい同情を身につけ、具體的な事件に当たってこれを渾然一體とする創造にこそ裁判の本質がある。」

 私も、現在、自宅の机の前に貼っていますが、裁判官には、本当にこうあって欲しいと思う重みのある言葉ですね。
 また、弁護士にも同じようなことが求められている気がします。

神戸山手法律事務所 弁護士 津田和之 電話 078-335-5122 メール kobeyamate.law@gmail.com

LINEからのお問い合わせも受け付けております。

QRコード

1) 左のQRコードを読み取るか、
2)「@955nykpk」で検索し、友達追加して下さい。
 友だち追加後、自動あいさつメッセージが届きますので、内容をご確認後、ご返信ください。