最高裁への上告について

今日は、最高裁への上告の流れなどについて説明したいと思います。

 

大阪高裁が控訴審として判決を言い渡したとします。
その判決に不服のある控訴人または被控訴人が上告または上告受理申立てをした場合の流れを説明します。

 

1 控訴審の判決書が届きます。

 

2 控訴審の判決書を受け取ってから2週間以内に、上告状または上告受理申立書を大阪高裁に提出します。

 

3 上告人兼申立人、被上告人兼相手方にそれぞれ大阪高裁から上告提起通知書、上告受理申立て通知書が送達されます。
※上告提起通知書や上告受理申立て通知書は、被上告人兼相手方の所に送達されます
(控訴審の代理人の所に送達されるわけではありません。)。

 

4 上告人兼申立人は、上告状または上告受理申立書に理由の記載がないときは上告提起通知書や上告受理申立て通知書を受け取ってから50日以内に、大阪高裁に上告理由書を提出します。
※50日以内は厳守です。1日でも遅れると5の却下となります。

 

5 大阪高裁で理由書等をチェックします。要件を満たしていないと却下されます。
要件を満たしている場合は、大阪高裁は、最高裁判所に記録を送付します。

 

6 最高裁判所に記録が届きます。当事者に最高裁判所から記録到達通知書が通知されます。
※5から6まで約1か月前後です。

 

7 最高裁判所で判断がなされます。
※棄却・不受理の場合、6から7まで1~4か月間が相場です。
難しい案件の場合は1年前後かかることもあります。
※最高裁判所から何らかの連絡があると控訴審の判決が変わる可能性があります(何も連絡がなければ変わらない可能性が高いです。)。
※2から7までの期間は、50日+1か月+4か月=6か月前後かかります。

 

法的なトラブルでお悩みの方は、どうぞお気軽に当事務所までご相談ください。

 

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

* RSS FEED