労災一般

No Image

 先日、長時間労働により、出血性胃潰瘍を発症し、それが原因で死亡した男性について、労働基準監督署が労災と認定したという新聞報道がありました。

 男性は、62歳で、電気設備工事会社を定年退職後に再雇用され、放送局の建設現場の ...

労災一般

No Image

労働者が業務中の事故などが原因でケガや病気になった場合には、労災保険から必要な給付を受けることできます。

ただし、労災保険の給付の請求には、期限があり、これを超えた場合は、時効により給付の請求ができなくなります。

労災一般

No Image

 「労災保険」とは、業務上の事由や、通勤による労働者の負傷・疾病・障害または死亡に対して労働者やその遺族のために、必要な保険給付を行う制度です。

 対象となる労働者の雇用形態は問われず、パートやアルバイト、日雇い労働者であ ...

労災一般

No Image

 仕事中に事故などに遭ってケガをした場合には、労働者は、労働基準監督署長に対して、療養補償給付など労災補償給付の申請(以下「労災申請」といいます。)をすることとなります。

 そして、労災申請の手続きは、多くの場合は、会社が ...

労災一般

 仕事中に事故などに遭ってケガをした場合には、被災労働者は、勤務先を通じて、労働基準監督署長に対して、労災として療養補償給付などの支給申請をすることとなります。

 ただ、労働基準監督署長が労災と認めずに、療養補償給付などの ...

労災一般

過労イメージ

労働者が,時間外労働をしたのに,会社から残業代を支払ってもらえないというケースが多くあります。

まず,最初のポイントは時効です。

時間外労働をした場合,労働者は,会社に対して残業代を請求する権利(残業代請求権) ...

労災一般

労災診察イメージ

本来、労働基準法では労働者が強く保護されているので、合理的な理由のない処分については法律上は無効な処分として会社側の言い分が認められないことになります。

しかし、法律上は処分が無効であっても、労働者自身が会社との間で直接交 ...