ホームロイヤー契約

皆さん、「ホームロイヤー」という言葉をご存じですか?
ホームロイヤーとは、あなた個人の顧問弁護士のことです。
 
皆さんはかかりつけのお医者さんがいると安心なように、人生で起きる様々な法的問題を、決まった弁護士に、気軽に相談できたらいいと思いませんか?
 
問題が起きるたびに、違う弁護士に一から話をするのではなく、いつも同じ弁護士に相談できるので、安心です。あなたの気持、生活、情況にあった法的アドバイスが、スピーディに受けられます。
 
どんなことをどのくらいの頻度で相談するかは、ホームロイヤーとなる弁護士と自由に決められます。
 
多くは、月に1回、主に電話で、法律相談をします。
費用は、契約内容によりますが、大体1万円(消費税別)くらいが一般的です。
 
ホームロイヤー契約の利用方法としては、例えば、将来の判断能力の低下に備え、任意後見契約を弁護士と締結した場合、同契約の発効までに時間がかかります。
それまでに、ホームロイヤー契約を締結して、弁護士に日常的な相談をしておくと、あなたの意思・希望・生活状況が弁護士によく伝わり、将来の任意後見人としての活動がやりやすくなります。
また、任意後見契約を発効させるべき時期に、適切に任意後見監督人選任を申し立てることができます。
 
これからの高齢化社会を迎えるにあたって、高齢者の方も様々な法的なトラブルに巻き込まれたり、財産管理や相続・遺産などの問題にも直面します。
 
そういった時に、気軽に相談できるのが、ホームロイヤーであり、かかりつけ医(ホームドクター)の弁護士版です。

前の記事

遺言執行者

次の記事

相続人の廃除