職場でのいじめ、パワハラ!

先日、労働者と使用者間のトラブルを扱う全国の労働局の「個別労働紛争解決制度」に寄せられた職場の「いじめ・嫌がらせ(パワハラ)」に関する相談が、平成25年度は5万9197件となり、過去最多を更新したとの報道がありました。

労働トラブル全体の相談は、24万5783件で前年度より3・5%減ったようです。

 

集計によると、パワハラにまつわる相談は、前年度比14・6%増で、「解雇」や「自己都合退職」にまつわる相談を上回り、最も多かった。

 

相談には、上司から「仕事が遅いくせに、飯を食うのだけは早いな」「ばか野郎」などと繰り返し暴言を受けた事例や、契約社員が支店長から「ミスを3回したらクビだ」と言われて精神的に追い込まれた事例などがありました。

 

また、「死ね」「口答えするな」などの強圧的な言葉や、「俺に従わなければ出世できない」「お前はいらない」など人事権を振りかざす暴言も見られたり、頭をたたく、後ろから蹴るなどの暴力もあり、精神疾患になったり、退職に追い込まれたりする例もありました。

 

最近、当事務所でも、職場での暴言などのパワハラや退職強要などの相談が増えていますが、このような行為は、まじめに働いている労働者の権利を侵害するもので、法的には許されるものではありません。

 

職場のいじめ・パワハラ、退職強要などでお悩みの方は、どうぞお気軽に当事務所までご相談ください。