自己破産

自己破産とは?

自己破産とは、借金の総額が多く自分の財産や収入では返しきれない場合、裁判所に申し立てることによって、払いきれない借金を法律上免除(「免責」といいます。)してもらう手続きです。

自己破産のメリット・デメリット

「自己破産をする」、または「自己破産をしない」を検討する際にはそれぞれのメリットとデメリットを知ることが重要です。

自己破産のメリット

  • 免責の決定が出ると、借金の全額(※)について返済する必要がなくなります。
  • 生活必需品や古い自動車、一定期間の財産はそのまま所有することができます。
  • 給料を差し押さえられている場合、差押えを停止することができます。

※滞納している税金、養育費は免除されません

自己破産のデメリット

  • 原則として住宅など財産を手放す必要があります。
  • 主に浪費・ギャンブルによる借金など、免責を認められない場合があります。
  • 保証人を立てた借金の場合、保証人に請求が行くことがあり、迷惑をかけてしまうかもしれません。
  • 破産手続き期間中は、警備員、保険外交員など、一定の職業に就くことはできません。
  • 官報、破産者名簿に記載されます。
  • 一定期間(5~7年)信用情報機関に登録され、あらたに借金をすることができなくなります。

自己破産に関する間違った情報にご注意ください

自己破産をしても、法律上定められていること以外の不利益を受けることはありません。
よくある誤解として以下のようなことがよく聞かれます。

  • 「選挙権がなくなる」
  • 「戸籍に記載される」
  • 「会社を解雇される」

自己破産手続の弁護士費用

同時廃止 30万円~(税別)
※管財人が選任されるか否か、債務者が個人か事業者、または法人か、によって費用が変わります。
詳細は弁護士費用のページへ