4月2016

離婚時の財産分与①

離婚をする際に,夫婦で購入した家や車,貯めてきた貯金,掛け金を支払ってきた保険はどうなるのでしょうか?

今回は、離婚の際の「財産分与」について、何回かに分けて、一緒に考えたいと思います。

 

財産分与とは,婚姻生活中に夫婦で協力して築き上げた財産を,離婚の際にそれぞれの貢献度に応じて分配することをいいます。法律にも,離婚の際には,相手方に対し財産の分与を請求することができる(民法768条1項)と定めています。

離婚を急いでしまうと,夫婦の財産について細かい取り決めをせずに,もらえるはずの財産をもらわないまま別れることになりがちですが,法律上認められている権利ですので,しっかり取り決めをすることが重要です。

 

財産分与には,大きく分けて3つの種類があります。

まず1つ目は、夫婦が婚姻中に形成した財産の清算を行う「清算的財産分与」です。

2つ目は、離婚により困窮する(元)配偶者の扶養を目的とした「扶養的財産分与」です。

3つ目は、有責配偶者から慰謝料としての意味を含む「慰謝料的財産分与」です。

 

次回以降に、それぞれの内容について、順に見ていきたいと思います。

 

離婚または離婚後の生活に不安があったり、お悩みの方はどうぞお気軽に神戸山手法律事務所までご相談ください。

弁護士があなたの立場に立って、一緒に考え、最適な方法を助言します。

高取山の山登り!!

先日、家の近くにある高取山に登りました。

高取山は、標高300M少しで、頂上には高取神社があります。

 

 

また、神戸の毎日登山でも有名で、登山道にはお茶屋が数件あります。

六甲縦走のコースにもなっています。

 

山の季節は春から初夏の感じで、木々の緑やツツジも綺麗で、山登りには

最高のシーズンです。

皆さんも、日頃のストレス解消に、GWにハイキングなどで自然に

触れあってはどうでしょう。

 

 

債権法改正セミナー

23日(土)に大阪で開催された「債権法改正セミナー」に

参加しました。

民法のうち、「債権」の改正案が現在国会に提出されています。

今回の改正は、民法施行以来の大幅な改正になり、これまでの判例法理を明文化するとともに、

時効、法定利率、保証などの制度も大きく変更されることとなっています。

 

特に、時効は主観的起算点から5年、客観的起算点から10年に統一されます。

また、法定利率は5%から3%に見直されます。

 

実務への影響も大きく、勉強が必要です。

民法の改正内容は法務省のHPなどで確認できます。

 

 

 

有馬三山!

先日、有馬温泉から有馬三山を登って六甲山に行きました。

有馬三山とは、落葉山~灰形山~湯槽谷山です。

 

 

このコースは、アップダウンがあり体力はいりますが、静かで

歩きやすいコースです。

 

山はツツジの綺麗な季節になっています。

六甲山に登った後は、再び、有馬温泉に戻って、温泉に入った後

ビールを飲んで帰りました!

 

花粉も終わり、いよいよ山登りのシーズンですね!!