4月2014

定住外国人に対する生活保護について

外国人への生活保護について争われている裁判で、最高裁判所が双方の意見を聞く弁論を、ことし6月に開くことを決めという報道がありました。

 

これにより、「永住外国人も法律で定められた保護の対象となる」という福岡高裁の控訴審判決が見直される可能性が出てきました。

 

この裁判は、日本の永住権を持つ大分市の81歳の中国人の女性が起こしたもので、外国人も生活保護法で定められた保護の対象になるかどうかが争われています。

 

厚生労働省によりますと、外国人への生活保護の支給は人道上の観点から行われていて、全国で210万人余りいる生活保護受給者のうち、世帯主が外国人の受給者は現在、7万5000人余りとなっています。

 

1審の大分地方裁判所は「外国人への支給は『行政措置』に過ぎない」としましたが、2審の福岡高等裁判所は「国は永住外国人などへの生活保護の支給について、日本国民に準じた扱いを認めており、永住外国人なども法律で定められた保護の対象になる」という判決を言い渡していました。

 

2審の判決は、国が内外人平等を定めた難民条約の批准とこれに伴う国会審議を契機に、一定範囲の外国人に対して日本国民に準じた生活保護法上の待遇を是認したものということができ、したがって、一定範囲の外国人も生活保護法の準用による法的保護の対象となると解したものでした。

 

これについて大分市が上告していましたが、最高裁判所はことし6月に双方の主張を聞く弁論を開くことを決めました。弁論は判断を変更する際に必要な手続きで、「法的な保護の対象だ」とした2審の判断が見直される可能性があります。

 

私は、永住者や特別永住者など、定住外国人については、生活保護法の適用ないし準用を認め、法的権利として認めるべきだと思います。

 

皆さんはこの問題についてどのように考えられますか?

 

退職と解雇(退職後の解雇事由の判明)

労働者の退職の意思表示の後に懲戒解雇事由が判明した場合、使用者が懲戒解雇することができるのでしょうか。

今日はこの問題について考えてみたいと思います。

 

懲戒解雇等の懲戒処分は、労働契約が存続することを前提とする処分です。

 

そのため、労働者から自主退職の意思表示として退職届が提出された後であっても、労働契約終了までの一定期間については、労働契約は存続しますので、労働契約が終了するまでの間であれば懲戒解雇を行うことも可能です。

 

しかし、既に労働契約が終了した後に懲戒解雇を行ってもその懲戒解雇は無効となります。また、黙示の合意退職の承諾が認められる場合には、その後になされた懲戒解雇を法律上無意味であるとする判例もあります。

 

したがって、使用者としては、労働者が退職届を提出した後に懲戒解雇自由が判明した場合、労働者の退職の意思表示が自主退職の意思表示であるか又は合意退職の申込であるか、労働契約が終了していないかといった点を確認して懲戒解雇を行う必要があります。

 

また、退職後に、まだ退職金が支払われていない時点、懲戒事由が明らかになった場合の退職金の取扱いについても問題となることが多いですが、この点については就業規則でその取り扱いを明示しておく必要があります。

 

解雇など労働トラブルでお悩みの方は、お気軽に当事務所までご相談ください。

池井戸潤「ようこそ、わが家へ」

作家の池井戸潤の「ようこ、わが家へ」を読みました。

この作家は、現在、半沢直樹シリーズなどで非常に人気のある作家ですね。

 

この作品は、会社員が駅で割り込みを注意したところ、自宅への嫌がらせを受ける一方で、銀行からの出向先の企業で不正の疑惑に気づいたことから窮地に落ち込み、そこから戦っていくというストーリーです。

 

不正や理不尽と戦うという点で半沢直樹シリーズと共通するところもあり、なかなか面白い小説でした。

 

皆さんにお薦めしますので、読まれてはいかがでしょうか?

中尾司法事務所の訪問

先日、神戸市西区の中尾司法所事務所を訪問しました。

中尾司法書士は、私のロースクール時代に同じクラスで勉強した仲間です。

また、私が法律事務所を開設した後は、登記などは中尾司法書士に、訴訟関係は私にと、業務提携をしています。

それ以外にも、時々、一緒に飲みに行ったりもしています。

 

中尾司法書士は、非常に誠実で信頼できる方のなので、登記などの相談があれば、中尾司法事務所までご相談ください。

 

中尾司法書士事務所の連絡先などは以下のとおりです。

http://nakao-legal.com/

 

なお、当事務所主催の20日(日)の無料法律相談会は、申込多数のため一杯となりましたので、ご了承ください。

 

無料法律相談会の開催案内!!

神戸山手法律事務所では、4月20日(日)に無料法律相談会を開催します!

 

時間は、13時~17時の間です。

相談は1組あたり40分程度で、4組程度を予定しています。

 

場所は、神戸山手法律事務所(JR神戸駅から北へ徒歩3分、湊川神社すぐ前)の相談室で行います。

 

 

内容は、借金、離婚、交通事故、相続・遺言、労働問題などの法的トラブルについて、当事務所の弁護士が個別面談による法律相談を行います。

 

相談料は無料です。

 

完全予約制ですので、希望される方は事前に当事務所まで電話(078-335-5122)で申込みください。

 

基本的には先着順(4組程度)としますので、希望者多数の場合はご容赦くさい。

 

弁護士による個別無料相談ですので、法的なトラブルでお悩みの方は、どうぞ安心してお申込みください。

誉田哲也「シンメトリー」

作家の誉田哲也氏の「シンメトリー」を読みました。

 

この作家は、女性刑事の姫川玲子シリーズの警察小説で有名な作家です。

この作品は、姫川刑事シリーズの第三弾で短編小説7編で構成されています。

 

確か竹内結子主演でドラマ化されたと思います。

 

姫川刑事シリーズの警察小説は、何作品か読みましたが、この本が一番おもしろかったですね。

 

警察小説はどうしても冗長になる傾向があるので、短編の方が内容もしまって、バランスもいいと思いました。

 

手軽に読むにはちょうどいいと思いますので、皆さんにお勧めします。

訪問購入のクーリングオフ制度について

クーリングオフというと訪問販売により消費者が物品などを購入した際のことを思い浮かべる方が多いと思いますが、この制度は、逆の場合、自宅を訪問した事業者に物品を売却した場合にも適用されるのをご存知でしょうか?

 

消費者の自宅を訪問した事業者が貴金属などを買い取る「訪問購入」は、2012年8月の特定商取引法の改正により新たに規制が適用されるようになりました。

 

改正法では、勧誘や来訪を求めていない消費者に対し、訪問による勧誘を禁止するとともに、事業者の連絡先や物品の種類・特徴、購入価格、クーリングオフ制度(無条件の契約解除)に関する記載など、法律で記載が定められた書面(法定書面)を交付することなどが訪問購入をする事業者に義務付けられています。

 

そして、訪問購入は、現在法定書面の交付から8日以内ならば、売主である消費者から無条件で、契約の撤回や解除が可能です。

 

さらに、クーリングオフ期間内は、売却する物品を消費者の手元に置いておくことができます。

 

また、事業者が買い取った物品を第三者に引き渡す場合、クーリングオフ期間内であれば、対象商品であることなどを書面で通知しなければなりません。

 

しかし、売却した物品が転売されてからクーリングオフをしても、転売先が、訪問購入されたことなどを知らなければ、売主の消費者は転売先に物品の返還請求ができません。

 

手放してから後悔しないためにも、その場で引き渡さず、買取価格や条件を含め、じっくりと検討しましょう。

 

クーリングオフ制度などの相談は、当事務所までお気軽にご相談ください。

定額残業代制について

定額残業代制とは、賃金に含まれる毎月の時間外労働に相当する一定の金額の残業代金を予め定め、これを労働者に支給する制度のことをいいます。

 

営業手当等の名目で支給される場合が多いですが、基本給の中に残業代を含める場合もあります。固定残業代という名称で呼ばれることもあります。

 

この制度を導入すれば、基本給や手当にすでに一定の時間分の残業代が含まれているため、従業員に対し、これを超える時間分の残業代を支払うことで足ります。

 

他方で、特定の職種又は業務で、一定程度の残業が発生することも多いことを考慮して業務手当等を支払ことも見受けられますが、業務手当はあくまでも業務に対する手当であって、残業代とは別個のものと判断される可能性があります。

 

業務手当が時間外手当を含む趣旨と認められない場合、業務手当とは別に時間外手当を支払わなければならず、その際の割増賃金の算定の基礎は業務手当を含めた金額となってしまいます。

そのため、定額残業代制を採用する際には、就業規則等で業務手当の支給が時間外手当としての支払いであることを明記することが重要です。

 

また、定額残業代制が有効といえるためには、いくらが所定内労働分の賃金で、いくらが時間外手当相当分の支払いかが明確に区分されなければなりません。そのため、就業規則等には、「残業時間○時間分の定額残業代として時間外労働手当を支給する。」、「○○手当、但し、○時間分の時間外労働手当を含む」等の規定で、定額残業代に対応する時間外勤務の時間数を明示しておく必要があるでしょう。

 

さらに、定額残業代に含まれる時間外勤務時間を超過する場合の差額の支払いを就業規則等に明示することが必要となります。

 

最後に、定額残業代制を導入する際には、すでに在籍中の従業員にとっては、労働条件の不利益変更を伴う場合が多く、従業員の不利益の程度に配慮した合理的な変更といえるかを判断し、十分な説明を行った上で、定額残業代制を導入することが必要です。

 

未払い残業代など雇用関係を巡るトラブルでお悩みの方は、お気軽に当事務所までご相談ください。

 

めまい(@_@;)

実は、3月終り頃から、朝起きる時に頭がくらくらする「めまい」に悩まされていました。

普段はどうもないのですが、頭を上下にしたり、起き上がり時にフラッとする感じです。

 

4月に入っても直らずに、どうもだんだんと悪化しているような気がして、2日の水曜日に念のためにめまい外来のある耳鼻科に行きました。

 

診断結果は「良性発作性頭位めまい症」ということで、耳の中にある耳石という砂のような結晶が何らかの原因によってはずれてしまうことにより、めまいが起こっているということでした。

 

治療方法は、外れた結晶を元の場所に戻すということで、頭を動かしたりする治療をしましたが、治療時間は数分程度でした。

 

翌日はまだふわふわする感じが残っていたのですが、金曜日はすっかり良くなり、耳鼻科で確認してもらったところ、完治ということでした。

 

非常に頭がすっきりした感じがして、意欲も湧いてくるような気がします。

 

本当に健康が一番ですね。

 

花見&六甲登山

土曜日の日に、阪急夙川から川沿いの公園で花見をした後で六甲山に山登りしました。

阪急夙川沿いの桜はほぼ満開でしたが、朝の9時頃で少し寒かったので、あまり人はいませんでした。

 

夙川沿いの桜を楽しんだ後は、北山公園からゴロゴロ岳を登り、奥池を通って東お多福山の登山口まで行きました。

 

北山公園ではツツジが咲き始めていました。これから山はツツジが綺麗な季節になります。

 

ここで、昼食を取った後、七曲から六甲山頂を目指して登り、その後、有馬に下りました。

有馬温泉でひと風呂浴びた後、三宮でビールを飲みました。

 

久しぶりの登山で、またイレギュラーなコースを通って距離を歩いたため、少し疲れました。

 

でも、山登りは楽しいですね!!

これからは季節もいいので、皆さんも山歩きはどうですか?