遺言の掟8か条~第壱条!!

遺言を書く場合に、注意すべき点が何点かあります。
これから、「遺言の掟8か条」として遺言を書く際の注意点やアドバイスをしてきたいたいと思います。
 
今回は、まず「第壱条」です。
第壱条 「遺言は公正証書にて作るべし!」
 
公正証書遺言がより安全で安心です。
 
何よりも、紛失や改ざんの可能性がありません。
また、不備により無効となることも考えられません。
 
検認の手続も必要ないので、速やかに移転登記や預金の払出しなどの手続がスムーズにできます。
 
検認などの手間隙や心労を考えると、公正証書作成費用など安いものです。
 
それでも、自筆証書遺言にするのであれば、作成前後に、専門家(弁護士や行政書士など)のチェックを必ず受けてください。