個人再生とは

個人再生とは民事再生法に基づいた債務整理方法で、裁判所に申し立てることによって借金を減額する方法です。

任意整理と違い、住宅ローンを除いた全ての債務が対象になります。

自己破産はしたくない人、過払い金がなく任意整理だとメリットがない人におすすめの債務整理方法になります。

そして、個人再生の借金の減額には2種類の設定があり、100万円もしくは借金総額の5分の1のどちらかとなります。

  • 500万円以内の借金:100万円に減額
  • 500万円以上の借金:5分の1に減額

が基本設定となります。

借金総額に関しては利息の引き直し計算をし、減額できるものは減額したうえでの算出となります。

次に、個人再生の特徴は、安定した収入があれば誰でもできるという点です。

これは逆に言うと収入がない人(無職)の方は個人再生を行うことができず、自己破産を選択する以外にないということになります。

また、自己破産の場合、免責不許可事由という条項に引っかかると免責が下りず借金を精算できませんが、個人再生ならその理由を問われることはありません。

さらに、自己破産の場合は1個あたり20万円以上の資産の所持を認められませんが、個人再生の場合は借金総額の5分の1もしくは100万円までの資産の所有を認められています。

ただ、住宅ローンが残っている場合『住宅ローン特別条項』を利用すれば住宅を残せますが、住宅資産価値のほうがローンよりも大きい場合、住宅ローンが残っていない場合は処分対象になるので注意が必要です。

また、個人再生は申し立てが通るまで家計簿の提出が義務付けられています。

これは再生計画に則って生活していけるかのテストになるので、無駄遣いなどのないように規則正しい生活を送らなければいけません。