交通事故の被害者になったら②

交通事故は、単純に加害者・被害者とならないケースが多くあります。
 
被害者側にも過失がある場合がほとんどであり、後に損害賠償請求を行う際に「過失割合の認定」が問題になります。
 
交通事故の被害者になった場合には、まず、後日のトラブルを避けるために事故状況をよく確認することが大切です。
 
今回は、もしも、あなたが、交通事故の被害者になったとしたら、どのようなことに注意すべきかについての2回目です。
 
加害者の確認を
加害者に対し、運転免許証・車検証・自賠責保険証明書の提示を求めて、加害者の連絡先について確認しましょう。
 
確認する事項は次の点です。
加害者氏名および住所、年齢、職業
車のナンバーおよび車の保有者
保険会社名、保険証明書番号
 
加害者が業務上で運転していた場合は、加害者の勤務先である会社に対して損害賠償ができますので、会社の名刺等をもらっておきましょう。
 
加害者が応じない場合やひき逃げ・当て逃げなどの場合は車のナンバーを控えておきましょう。
 
それが難しい場合は車の種類、型、色などを記憶しておき警察に届け出たうえで交通事故証明書をもらいましょう。
 
 
必ず医師の診断を受ける
交通事故にあった場合は例えそのときは軽傷であっても、後日痛みが激しくなり意外に重症であるケースが多くあります。
 
必ず病院で診断を受け、診断書を受領しましょう。今後の示談交渉や裁判で証拠となる可能性もありますので、領収書・診断書・写真などは大切に保管しておきます。