交通事故の過失割合

交通事故が発生した場合に、加害者と被害者の間で争いになる一つが「過失割合」です。
交通事故について、どちらにどれだけの責任があるのかを示すものです。
今日はこの問題について考えてみたいと思います。

交通事故の多くは、加害者の過失だけでなく、被害者の過失も伴って発生します。

通常、被害者に過失が問われないのは、加害者の追突・信号無視・センターラインオーバーぐらいです。
被害者にも過失がある場合、損害を一方的に加害者だけに負担させるのは損害の公平な分担にそぐわないので、このようなときは、過失割合に従って損害賠償額も過失相殺(かしつそうさい)されます。

この際、問題となるのが、過失相殺率の認定です。

過失割合を警察が決めていると誤解されている方もいますが、過失割合は損害保険会社が独自に調査して決めています。

損害保険会社の提示する過失割合に納得がいかないときは、遠慮せずに「なぜ、その過失割合になるのですか?」と説明を求めてください。

被害者の方に知っておいていただきたいのは、損害保険会社との示談交渉において、過失割合は流動的なもので、法的に確定したわけでもなく、また拘束力もないということです。
最終的には裁判所が判断して決定すべきことです。

過失相殺は、被害者にも落ち度があると慰謝料だけでなく、治療費および休業損害などの全損害額からその過失割合に従って差し引くのが一般的ですので、賠償額に大きな違いが出る場合があります。

交通事故の被害者となりお悩みの方は、どうぞ当事務所までお気軽にご相談ください。